お使いのシステムがトラブルにあったり、不具合で停止したりといった経験はないでしょうか。情報化社会の中でシステムの安全な運用は不可欠になってきています。システム運用管理は、情報化社会の中でシステムの安全な運用のためには不可欠になってきています。システム運用管理は市場変化が著しいビジネスにおいて迅速に効率よく対応するためにも大きな役割を担っています。多くの企業では企業内でシステムの構築をしています。このシステムを安全に稼働させるためには、継続的に運用を行いメンテナンスが必要となります。このメンテナンスが脆弱だと業務に大きな支障をきたしてしまいます。お使いのメンテナンスをきちんと運用していくためにも、ここでは事例をあげながら、システム運用管理についてご説明していきたいと思います。

システム運用管理はどんなことができるのか

システム運用管理は様々な企業で導入しています。事例を挙げてみますとネットワーク管理として障害対策、セキュリティ管理、性能管理、設備管理、そのほかにシステム管理や業務運用管理などがあります。そして、システム運用管理をクラウド化することで、人為的なミスを防ぐことができ、人件費のコストカットにも繋がります。このように構築したシステムを安全に稼働していくためには、運用管理面が重要となってくるのです。実際に基幹システムのクラウド化、各部署のシステムを連携し統合、社内の重要情報の一元管理、全国に点在する営業所や支店の管理、販売管理システムの簡素化など多くの業種で導入が始まっています。システム運用管理には効率化のほかに、高品質化やコスト削減が望め、企業側もメリットとなるでしょう。

導入例からシステム運用管理を考える

実際にどのような導入をされたのか事例をご紹介いたします。まずは会議室や応接室管理です。社内打ち合わせや接客などで使われる会議室や応接室の時間管理をシステム上で予約ができていましたが、実際には利用されていないことがわかりました。そこで各部屋に端末を設置し、リアルタイムでわかるように改善。これにより効果的に会議室が使われるようになりました。また、とある小売店では品揃えを増やしたものの、ピッキングや入荷検品の作業が把握しにくくなっていたため、作業状況が可視化を可能にすることで、効率よく作業が進むようになりました。システム運用管理は企業の課題を改善することができ、社内環境がよくなることで、無駄なことを削ぎ落とすことができ生産性や利益率の向上が期待できます。まずはシステムをどのように活用したいのかを明確にしてみるといいでしょう。

SaaSならではの多彩なサービスプランがあり、利用規模に沿ったサービス提供が可能です。 ITIL運用に沿ったITシステム運用が即座にスタート。 ユーザー問い合わせは、システム内へメール取込可能。 大手企業から中小企業まで、導入実績は150社以上。 導入するだけでITILに沿った運用が実現します。 見える化、標準化、統制が即座に実現できます! smart stageの自動化できるシステム運用管理の事例