システム運用管理とは、文字通りシステムの管理をする事です。システム運用保守という言葉もありますが、似ている様で異なる作業になります。運用管理は、システムの運用を管理し、トラブルを未然に防ぐ事を目的としています。一方で運用保守は、起きてしまったトラブルに対して迅速に対処し、復旧する事を目的としています。両者は異なる性質を持っていますが、作業内容としては似通っている部分もあり、重なる部分もあります。このシステム運用管理は有人で行なう事もありますが、ツールを導入して無人で行なう事例も多くあります。有人でないと対処できない事もまだまだありますが、多くはツールの導入で無人で行うことが可能なのです。また、ツールによってはシステム全体を総括して管理して行く為、個別に管理するよりも対処が早く、効率的にこなせるようになります。

システム運用管理の仕事内容について

まずはシステム運用管理の仕事内容について見ていきましょう。システム運用は、サーバーやネットワークにトラブルが起きて停止しないように、管理と運用をしていく仕事です。主な仕事内容は、システムの監視や異常発生時の記録をとる事、トラブルの原因を究明する事、トラブルの対策を考える事、運用方法の改善を考えてマニュアルを更新する事などが挙げられます。システム運用に必要なスキルは、基礎知識です。システム全体を見る観察力やヒアリング能力なども必要になってきます。そして、システム運用管理のツールは、インターネット社会に必要なサーバーやIT機器などを一元化して管理するように出来るものです。サーバーだけ、やパソコンだけ、という個別管理ではない為、何かが起きた時に原因究明がしやすい場合もあります。メリットと事例を見ていきましょう。

システム運用管理の事例について

システム運用管理のツールを導入するメリットは、IT運用が一元化できる事です。また、運用管理の自動化が可能な為、24時間稼働する事が可能になります。手作業で行うと発生してしまう人為的ミスを無くす事もできます。複雑な処理なども可能です。それにより人員削減する事もできますので、コストを抑える事も可能になります。では事例を見ていきましょう。ある食品会社では、システム運用が古いものと新しいものにわかれており、トラブルが起きた時に対処が遅くなってしまう事が多々ありました。また、管理者が入れ替わる時に引き継ぎがうまく出来ていない事があり、管理が行き届いていない部分もありました。それが、ツール導入後は運用管理が一元化した事により、効率的に管理ができ、何か起きた際も素早く対応できるようになりました。引き継ぎ作業も楽になり、入れ替わっても品質を保持する事が可能になりました。