期間工の求人の特徴を分かりやすく解説

期間工という言葉を聞いたことがありますか。期間工とは一定期間の契約の中で、工場で働く仕事のことを言います。一般的には3ヶ月から6ヶ月ごとに契約更新が行われ、最大更新が3年未満と決められています。契約満了になった時は、少しブランクをあけて再度申し込むか別の企業になら応募が可能になっています。期間工の求人を出しているほとんどの企業が大手自動車メーカーになります。その為採用人数も多く、残業代をチクチク言われたり、休日も休みなしで働かせたりするような企業とは比べものにならないほど待遇が良いのです。現在の人手不足もあり、学歴不問で未経験者でも歓迎してもらえます。派遣社員と違うのは請負ではなく雇用されるということなのできちんと雇用保険や社会保険にも入れてくれる企業が多いのです。

期間工で働くことの魅力について

期間工の求人情報を見ていると、手取りのお給料が月に30万以上稼げるものがほとんどです。短期間でまとまったお金を稼ぎ、入社祝い金や契約満了慰労金などの制度がある為、契約社員よりも稼ぎは多いのです。しかも寮が完備されている工場が多いため住み込みで働くことができます。企業によっては部屋代や光熱費が無料、格安で食べられる食堂も併設されていることが多いです。収入が多く出費は少ないのでとにかくお金を貯めたいという人にとても人気があります。しかし期間工はあくまで期間限定のものだと不安に思いますが、1年以上真面目に働いていれば正社員登用試験を受け、正社員として働かせてもらえる可能性があります。新卒では難しい大手企業の雇用も真面目に働いていれば人生逆転できるチャンスがあるといえるでしょう。

期間工の落とし穴には気をつけよう

期間工の求人情報を見ていると良い事だらけで悪い事はないように見えますが落とし穴はあります。フルタイム労働ですから短時間シフトはありません。週5日はきちんと働くことになります。思った以上に体力を使う仕事が多いので、慣れるまで筋肉痛などに悩まされるでしょう。ほとんどの工場が3交代制を導入しているので、日勤と夜勤が入れ替わりすることが生活リズムを崩し、地味に体力を奪っていきます。寮生活で家賃はかからないと喜んでいますがお風呂やトイレは共同が多く、トラブルも起こりやすいのが欠点です。期間工は単純作業が主な仕事になるのでスキルアップは期待できません。お金を貯めて資格取得をして転職を考えるか、正社員になるかを決めておくのも大事な要因です。期間工で高い給料をもらっていると金銭感覚がおかしくなって、転職時の給料に不満でまた期間工に戻る人も少なくありません。