ITILとは、システム運用管理の事例集です。システム運用にはもちろん直接関係のない仕事にも大いに役立つ理論です。効果がすぐ出る技術だけではなく概念的な場合もあります。ITILは5つの領域が書籍で分類されています。これらは一つの繋がったサイクルとして作用しています。サービス全体の方針や目標などを明確化して達成するのに必要な戦略を作ります。ITILは一般的な仕事にも適用可能で、運用管理全般の枠組みや構造として機能します。実際に、さまざまな職種や業種の企業に導入されています。仕事のプロセスや手順管理の改善に役立つ評価も増えています。ビジネスが安定して継続的な成果を出すためにシステムを開発し、一定の品質を保ち続けるために費用や人材を最適化していくサービス全体のマネージメント方法論だといえます。

システム運用管理の事例集、ITILの基本

業務効率化には、会社の仕事を進めるための状況から無駄なものを省き、より効率的に業務ができるような状態にします。そこで、生産性を高めた作業をしていくことです。業務効率化に取り組むメリットは、経営者側、従業員側が恩恵を受けることができます。具体的には、コスト削減、従業員満足度の向上、転職防止や優秀な人材確保、イノベーションの創出です。業務効率化では無駄な業務の排除やシステム運用管理など無駄な業務の改善が必要です。システム運用管理を実現するためには業務効率化に有効な手段の一つです。業務やコミュニケーション、文書管理などを電子化することによって情報共有などでビジネス活動の展開が迅速に可能となります。成功事例として業務の細分化やスケジュールの明確化によって適切な業務をし、効率化を実現した例もあります。実績のある業務効率化の事例が厚生労働省や経済産業省が多数紹介されています。

業務効率化に必要なシステム運用管理の方法の事例

業務効率化は会社の業績アップなど様々なメリットがあります。業務効率化をすることで時間に余裕ができ、評価の対象になりやすく長時間労働、収益、社員満足度の改善ができるメリットがあります。業務効率化を実現した事例として、以前は1つの顧客のもとに別々に営業に行っていましたが、システム運用管理を導入することでほかのグループの営業状況などを把握できるようになったのでグループとの複合提案ができるようになりました。顧客に何度も営業に行く手間を省けるようになったことは大きな効果です。業務効率化を図るためにネガティブにならないことが重要なポイントです。業務改善は業務内容を見直します。業務改善の中にはすぐに効果が表れないものもあります。そのため諦めずに反省しても後悔しないことです。